日本医師会(日医)の中川俊男会長(70)は23日に東京都内で記者会見し、6月の会長選に立候補しないと表明した。執行部内から他候補が出馬することを踏まえ「日医全体の分断を回避する」と述べた。新型コロナ対応が長期化する中、自民党の有力支持団体で、国の医療政策に大きな影響力を持つ日医のトップが1期(2年)で退任する。

 記者会見し、日本医師会会長選への不出馬を表明した中川俊男会長=23日午後、東京都中央区

 執行部内の他候補は、埼玉県医師会所属の松本吉郎・日医常任理事(67)。24日に立候補を表明する。日医内では医療機関が受け取る診療報酬改定などでの中川氏の対応に批判が相次いでいた。このため中川氏は再選が厳しいと判断、出馬を断念したとみられる。(共同通信)