カーリングの日本選手権第2日は23日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで1次リーグが行われ、男子で4連覇を目指すコンサドーレはSC軽井沢クに6―7で敗れ、1勝1敗となった。SC軽井沢クは開幕2連勝。昨年準優勝の常呂ジュニアは札幌国際大との今大会初戦に2―7で敗れた。

 女子ではフォルティウスが富士急に5―10で敗れ、1勝2敗になった。富士急は2戦全勝。3月の世界選手権代表の中部電力は札幌協会に9―3と大勝し、2勝1敗とした。

 北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレは試合がなかった。(共同通信)