岸田文雄首相は23日夜、バイデン米大統領を東京・白金台の八芳園に招き会食した。八芳園は、広さ約4万平方メートルの敷地に回遊式の日本庭園や料亭、茶室がある。「和」の趣向にこだわり歓待。裕子夫人が茶道のお点前でもてなした後、料亭「壺中庵」で和食を振る舞った。夫人は使い慣れた茶道具を地元広島から取り寄せたほどの力の入れよう。首相は、打ち解けた雰囲気でバイデン氏と会話を楽しんだという。

 お茶を堪能する岸田首相(左)とバイデン米大統領=23日夕、東京都港区の八芳園(内閣広報室提供)

 夕食会を前に、バイデン米大統領(中央)を出迎える岸田首相と裕子夫人=23日夕、東京都港区の八芳園

 お茶を堪能する岸田首相(左)とバイデン米大統領=23日夕、東京都港区の八芳園(内閣広報室提供)  夕食会を前に、バイデン米大統領(中央)を出迎える岸田首相と裕子夫人=23日夕、東京都港区の八芳園

 夕食では「信州サーモンのムニエル」や、東日本大震災の被災地である宮城県名取市から取り寄せたジェラートなどが出された。バイデン氏は副大統領時代、同市を訪問した縁がある。(共同通信)