自民党の安倍晋三元首相は23日、日米首脳会談で岸田文雄首相が防衛費の「相当な増額」への決意を伝達したことに関し「増額は国債で対応していけばいい」と表明した。東京都内の会合で述べた。

 安倍晋三元首相

 建設国債は将来世代にインフラを残すために発行すると指摘。「防衛費は次の世代に祖国を残していくための予算だ」と述べ、国債発行による借金で賄っても問題ないと強調した。(共同通信)