[戦後77年]

 【那覇】「第32軍司令部壕の保存・公開を求める会」の勉強会がこのほど、那覇市首里石嶺町の県総合福祉センターであり、沖縄戦を指揮した旧日本軍第32軍司令部の牛島満司令官の孫・貞満さん(68)=東京都=が講演した。「国内で最大、最後の地上戦である沖縄戦に向き合うことが必要」とし、悲惨な歴史を学ぶ場として司令部壕の整備の重要性を訴えた。(社会部・當銘悠)

 貞満さんは、第1部では沖縄戦体験者の話を紹介しながら「軍隊は住民を守らなかった」と説明。また、牛島司令官が南部撤退を選んだことで、多くの住民が犠牲になったと指摘した。

 第2部では、第32軍司令部壕の現状と公...