NECは23日、介護施設の利用者のトイレを無人で見守るシステムを開発し、受注を開始した。プライバシーに配慮しつつ、便の状態を記録し、利用者の健康維持を図る。人手不足に悩む介護施設の業務効率化にも貢献する。  既存の便器の縁にカメラを取り付け、便を撮影。