大岡敏孝環境副大臣が23日、県庁を訪れ、玉城デニー知事や経済界の代表らと地域の脱炭素などをテーマに意見交換した。  知事は、2030年までに温室効果ガスを削減する中期目標26%を「本年度中に引き上げる」と述べた。国の削減目標は13年度比で46%に見直されている。