【東京】県内の女性地方議員らは16日、厚生労働省に佐藤英道厚労副大臣を訪ね、待機児童解消に向けた保育士配置基準の見直しなどを求めた。佐藤氏は「現状は把握している」とし、内閣府とも連携して対応していく考えを示した。要請後、国会内で議員らが取材に明らかにした。