日米の首脳が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を含む在日米軍再編の着実な実施で一致したと表明したことに対し、県では23日、「普天間の早期の危険性除去につながるとは思えない」などの声が上がった。移設反対の民意に向き合わない政府への不満は根強い一方、過度に集中する基地負担の軽減は見通せない。