【宜野湾】1万発の花火で宜野湾市の夜空を彩る「JALpresents琉球海炎祭2022」(主催・同実行委員会)が、7月3日に宜野湾海浜公園で開かれる。今年は日本復帰50年と宜野湾市制施行60周年を記念したイベント。同市では2019年以来、3年ぶりの開催となる。

琉球海炎祭2022をPRする(左から)長堂昌太郎実行委員長と松川正則宜野湾市長、きいやま商店=23日、宜野湾市役所

 琉球海炎祭の開催は19回目。観覧者数は1万2千~1万5千人を見込む。チケットは6月上旬から沖縄ファミリーマートと楽天チケットで販売する。価格は3500~1万2千円を予定。5月末から6月26日までクラウドファンディング(CF)も募る。

 イベントを盛り上げるため、石垣島出身の3人組バンド「きいやま商店」が応援団長に就任した。

 23日に宜野湾市役所で開かれた記者会見で松川正則宜野湾市長は「新型コロナの中、市民や県民に元気を与えるイベントとして成功させたい」と期待した。問い合わせとCFはイベントホームページ、https://www.ryukyu-kaiensai.com/ から。(中部報道部・砂川孫優)