山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円の一部を使用したとして、電子計算機使用詐欺容疑で同町福田下、無職田口翔容疑者(24)が逮捕された事件を巡り、花田憲彦町長が24日、町内で記者会見し、約4299万円を法的に確保したと明らかにした。「事件の発端が町の事務のミス」とした上で、町民や田口容疑者に対して「改めておわび申し上げたい」と陳謝した。

 山口県阿武町役場

 容疑者の代理人弁護士によると、容疑者は口座に振り込まれた4月8日から19日までに計約4633万円を出金。主な出金先は国内の決済代行会社3社に計約4292万円で、他にデビット決済もあった。(共同通信)