沖縄本島内で面識のない女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、強制性交等致傷の罪に問われた米軍キャンプ瑞慶覧所属の米海兵隊上等兵の男(22)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、那覇地裁(佐藤哲郎裁判長)であった。検察側は6年を求刑、弁護側は4年6カ月以下への減刑を求め、結審した。判決は26日。

(資料写真)那覇地方裁判所

 起訴状などによると、被告は昨年10月の深夜、那覇市内で見かけた女性に性的暴行を加えようと後をつけ、女性が駐車場内で車に乗り込んだところを無理やり引きずり出して首を絞めたり、馬乗りで顔面を複数回殴ったりするなどの暴行を加え、けがを負わせたとされる。

 検察側は論告で、被告が事件直前に被害女性とは別の女性を襲おうと後を追ったが見失い、被害女性を狙うに至ったなどと犯行に至る経緯を指摘。「強固な犯意に基づく、執拗かつ危険で悪質な犯行」などと非難した。弁護側は、被告が起訴内容を認め反省している点や、再入国できず日本国内で再犯の恐れがないことなどを挙げて情状酌量を求めた。