地域資源を活用した製品の企画・開発に取り組むフードリボン(大宜味村、宇田悦子社長)と、ファッション産業に起因する環境問題の解決に取り組む天然繊維循環国際協会(八木原保理事長)は20日、那覇市の松島中学校の1年生を対象に「つくる責任、使う責任~洋服から考えるSDGs」と題した特設授業を開いた。