14日に沖縄市福祉文化プラザで開かれた沖縄市こども施策研究会など主催の勉強会では、講演を前にワークショップの場も設けられた。保護者や教員、支援団体職員ら約20人が参加し、子どもへの暴力を防ぐ方法について考えた。  参加者は4、5人のグループに分かれて意見交換。