那覇市内で昨年10月、面識のない女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、強制性交等致傷の罪に問われた米軍キャンプ瑞慶覧所属の米海兵隊上等兵の被告の男(22)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、那覇地裁(佐藤哲郎裁判長)であった。検察側は「執拗(しつよう)かつ危険で悪質」として懲役6年を求刑、弁護側は懲役4年6月以下が相当だと主張し、結審した。判決は26日。

(資料写真)那覇地裁

 被告側は起訴内容を認めており、量刑が争点となる。

 検察側は論告で、被告が事件直前まで別の女性を襲おうと後を追っていた犯行前の経緯などから「強固な犯意に基づく犯行」と強調した。

 駐車場で車に乗り込んだ女性を外に引きずり出し、首を絞めたり、拳で顔を何度も殴ったりするなど「肉体的、精神的な苦痛は重大」と指摘。「自己の性欲を満たす目的で被害者の心情や苦痛を全く顧みず、犯行動機は自己中心的で身勝手極まりない」と非難した。

 弁護側は最終弁論で、被告が祖父と弟を相次いで亡くした影響から深酒し、積もり積もった自身への怒りで「自暴自棄になり事件につながった」と主張。「強制性交は未遂であり、わいせつ行為も一切行っていない」とした。

 被告が罪を認めて反省していることや、有罪となり1年以上服役すれば再入国は原則できず、日本国内で再犯の恐れがないことなどを説明。類似事件の量刑も目安に判断するよう求めた。

 被害女性は書面で意見陳述し「許せる日がくるとは思えない。こんな怖い思いを誰にもしてほしくない」などと訴えた。

 被告は最終陳述で「とてもひどいことをした。どんな罰でも受け入れる」と述べた。