25日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。米景気の減速懸念を背景にハイテク銘柄などで売り注文が目立った。

 午前終値は前日終値比35円06銭安の2万6713円08銭。東証株価指数(TOPIX)は0・07ポイント高の1878・33。

 24日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅続伸したものの、米景気の先行きに対する警戒感から一時510ドル超下落する場面があった。4月の新築住宅販売件数が市場予想を下回ったことも投資家心理を冷やした。(共同通信)