愛知県の大村秀章知事が会長を務める芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会が、名古屋市に未払いの負担金約3380万円を支払うよう求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は25日、請求通り全額の支払いを市側に命じた。激しい抗議を受けた、昭和天皇の肖像を燃やすシーンがある映像作品などは「ハラスメントや違法なものだと断定できない」と指摘。展示したことは負担金を減額変更できる「事情」に当たらないとした。

 「あいちトリエンナーレ2019」で展示が中止された「平和の少女像」

 判決理由で岩井直幸裁判長は、企画展で元慰安婦を象徴する「平和の少女像」などが展示されたことは、市側が主張する「公金支出を許容し難い事態」には該当しないと判断した。(共同通信)