細田博之衆院議長は25日、女性記者へのセクハラ疑惑を週刊文春に報じられたことについて、同誌を発行する文芸春秋に事実無根として抗議文を送ったと説明した上で「立場はその通りで変わっていない」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。「事実無根なのか」との問いには「同じことだ」と語った。「自宅に呼んだことはないのか」との問いには答えなかった。この日も野党の批判が相次いだ。

 立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は記者団に「抗議文では事実無根の証明にならない」と述べ、衆院議院運営委員会での説明が必要だと訴えた。(共同通信)