ロシアのウクライナ侵攻による国際情勢の急激な変化を、どう捉えるべきか。経済誌は、さまざまな視点で特集を組む。  「週刊エコノミスト」5月3・10日合併号は「ウクライナ戦争で知る歴史 経済 文学」を特集。第2次大戦時のヒトラーとプーチンの共通点を挙げるロシア人研究者の分析が興味深い。