[明言深聞 ずばり答える、本音を探る]

 日本トランスオーシャン航空(JTA)の新社長に4月1日、野口望氏(54)が就任した。長引く新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2022年3月期の業績は、2期連続で赤字となった。先行きが不透明な中、黒字転換に向けてどうかじを取るのか。今後の戦略、課題などを聞いた。(聞き手=政経部・又吉朝香)

 -新型コロナの影響を受け始めてから3年目に突入した。沖縄の観光の状況をどう見るか。

 「コロナ前は県内総生産(GDP)に占める観光消費額の割合は約2割を占め、波及効果を含めると3割に及び、観光産業は沖縄にとって重要だと考えている。しかし、コロナ禍の2年間で観光客が激減し、県経済に大きな影響を及ぼしている。県経済を守るには、感染対策と経済の両立を図る必要がある」

 「今年のゴールデンウイーク(GW)はコロナ禍で初めて行動制限がなく、搭乗率はコロナ前の19年比8割の水準まで戻った。...