魚料理に合うビールでウミンチュ文化の発信や市内産業活性化につなげようと、沖縄県糸満市が企画し酒造所のある南都(南城市)が製造するクラフトビール「イトマンズ」2種類の発売発表会が24日、市役所であった。

魚料理に合うクラフトビール「イトマンズ」の「タマン」(右)と「アカマチ」

 魚の天ぷらやバター焼きなどに合う「タマン ソルト&レモンサワーケルシュ」はすっきりした味わいで市内産の塩やレモンなどを使用。すしや刺し身に合う「アカマチ トロピカルレッドサワーIPA」はフルーティーな香りとドラゴンフルーツを使った鮮やかな赤色が特徴で、しっかりした味わい。

 いずれもアルコール度数は5%で330ミリリットル、660円。27日から南都のほか、糸満市内のローソンやファミリーマート、イオンなどで販売する。

 當銘真栄市長は「特産飲料を求めて県内外の人に糸満市を訪ねてほしい」とPR。南都の松茂良英次常務取締役は「地元に愛されないことには観光客にも買っていただけない」と周知に力を入れる考えだ。

 市は昨年度、市特産飲料など開発・販路構築事業で1200万円を支出。製造や販売は南都が担当し、市は広報面で協力する。(南部報道部・又吉健次)