【東京】沖縄の特産品を扱う銀座わしたショップ本店の売り上げが好調だ。沖縄を舞台にしたNHKの朝ドラ「ちむどんどん」が始まった4月から来店客が急増。4月の売上高は前年より3割増えた。大型連休中は、コロナ禍ながら1日当たりの来店客が過去最高を更新。ドラマで取り上げられた沖縄そばやサーターアンダーギーが「飛ぶように売れている」(後藤友興店長)という。(東京報道部・照屋剛志)

平日の昼間にもかかわらず、来店客でにぎわう銀座わしたショップ本店=25日午後1時半ごろ、東京都中央区

■朝ドラを見て来店

 25日の昼下がり。平日にもかかわらず、店内は多くの来店客でにぎわっていた。揚げたてのサーターアンダーギーを食べられるパーラーには10人ほどの行列も。

 都内在住の桐ヶ谷絵美さん(44)は「ドラマを見てフーチャンプルーが食べたくなった。沖縄の麩(ふ)を探し求めて、たどり着いた」と笑顔。コロナ前は旅行でよく沖縄を訪れていた。「今は難しいので沖縄の特産品を家で楽しみたい」と沖縄そばも購入していった。

 後藤店長は「復帰50年で多くのメディアに取り上げられた効果もあると思う」とする。

■コロナ前より多い

 1日当たりの来店客は平日2千人、休日5千人ほど。どちらも放映前より3割多い。大型連休中は6千人を突破し、過去最高だった日も。後藤店長は「コロナ前の好調な時期でも5500人だった」と驚く。5月も盛況が続き、売上高は前年の4割増しを見込む。

 特に売れ行きが好調なのは、ドラマで取り上げられたサーターアンダーギーや沖縄そば、麩など。沖縄そばは補充が追い付かず、冷蔵庫を1台追加して売り場を2倍に広げた。

 泡盛の復帰記念ボトルや、復帰に関する書籍の購入も多いという。後藤店長は「初めての来店客が多い。この機会に沖縄の特産品をもっと多くの人に知ってもらいたい」と話した。