中国が1966年5月に実施した核実験の影響で、県内でも放射性物質を含んだ雨が降った。当時の紙面をめくると、梅雨の大雨が続く中、琉球政府衛生研究所が「雨にぬれないで」と注意を呼びかけていた

▼本土でも雨から放射性物質が検出され不安は大きかったようだ。中国の脅威に対し、...