PFAS血中濃度調査へ 市民団体、県内6市町村400人対象 京大が協力>から続き

 市民団体による有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)の血中濃度調査に協力する京都大学の原田浩二准教授は、3年前にも県内で住民の血液を検査した実績がある。結果次第では、PFASが人体に与える影響を示す鍵になり得る。海外の研究データなどを参考に検査結果を分析する。...