【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は25日、今月3、4両日に開いた前回の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公表した。「出席者の大半が今後2回の会合で0・5%利上げすることが適切な可能性が高いと判断した」とし、6月と7月の会合でも0・5%の大幅利上げをすることへの幅広い支持を示した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)本部

 前回FOMCでは22年ぶりの0・5%利上げを決めており、7月まで3会合連続で大幅利上げを決める公算が大きい。(共同通信)