【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は25日、北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返していることを受け、北朝鮮への制裁を強化する米国作成の決議案を26日に採決することを決めた。

 ただ、常任理事国として拒否権を持つ中国とロシアはこれまで追加制裁に反対の姿勢を表明してきている。米国との溝は埋まっておらず、採択は困難とみられる。

 安保理決議は全15理事国のうち9カ国以上が賛成し、米英仏中ロの5常任理事国が拒否権を使わなかった場合に採択される。

 米国は北朝鮮が3月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことを受け、4月に制裁決議案を安保理メンバー国に配布した。(共同通信)