岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、ロシアによるウクライナ侵攻を踏まえ、外交・安全保障政策の長期指針「国家安全保障戦略」の改定で偽情報やフェイクニュースへの対策強化を検討すると表明した。「情報戦への対応が重要だ。しっかりと意識し検討しなければならない」と述べた。衆院予算委は2022年度補正予算案に関する基本的質疑を実施した。

 衆院予算委で答弁する岸田首相=26日午前

 首相は情報戦や自民党提言が敵基地攻撃能力を改称して保有を求めた「反撃能力」を挙げ「新しい課題をしっかり念頭に置きながら具体的、現実的な議論を行う」と強調。憲法の範囲内で国民の理解を得ながら議論するとした。(共同通信)