沖縄本島内で面識のない女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、強制性交等致傷の罪に問われた米軍キャンプ瑞慶覧所属の米海兵隊上等兵の男(22)の裁判員裁判の判決で、那覇地裁(佐藤哲郎裁判長)は26日、懲役4年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

(資料写真)那覇地裁

 判決によると、被告は昨年10月の深夜、那覇市内で見掛けた女性に性的暴行を加えようと後をつけ、駐車場内で車に乗り込んだところを無理やり引きずり出して首を絞めたり、顔面を複数回殴るなど暴行を加えて、けがを負わせた。

 被告側は起訴内容を認めており、量刑が争点だった。弁護側は、被告が祖父と弟を相次いで亡くした影響で深酒し「自暴自棄になり事件につながった」と主張。「強制性交は未遂で、わいせつ行為も一切行っていない」などとし、類似事件の量刑を目安に懲役4年6月以下が相当としていた。