岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、中国の習近平国家主席との会談の可能性を問われ、日中間の対話を重視する考えを示した。「建設的な関係を維持していかなければならない。意思疎通と対話は大事だ」と述べた。首脳会談の具体的な日程は決まっていないとした。米国の核兵器を日本に配備し、共同運用する「核共有」政策は「現実的ではない」と強調し、政府として議論しないと改めて表明した。

 衆院予算委で答弁する岸田首相=26日午後

 立憲民主党の泉健太代表は米中首脳会談の可能性が取り沙汰されていることを指摘し、日本も中国と首脳会談を実施すべきだと求めた。核共有政策への見解もただした。(共同通信)