詩人の西銘郁和さんがこのほど、西銘郁和評論集「平敷屋朝敏を聴く」(榕樹書林・4950円)を発刊した。  琉球王国時代の和文学者で、組踊「手水の縁」の作者としても知られる平敷屋朝敏。