北海道出身の荒井聡さん(38)が、社会福祉士の仕事で出会った沖縄県名護市安部の吉本良子さん(97)の生活史を聞いた。吉本さんは南洋テニアン島での戦争体験や、収容所での生活、沖縄に引き揚げた後、サトウキビ栽培や牛と豚の飼育といった農業での苦労などを語った。

自宅庭でゴーヤーなどを栽培する吉本良子さん(右)と聞き手の荒井聡さん=5月22日、名護市内

(前編)南洋で年中キビ手伝い:沖縄にいたら、兵隊にとられるから 10余っても学校はなかった 踊りのあれやるわけ、お祝い

(後編)テニアン 収容所に3年:捕虜のところで長男は生まれた 南で生まれたから南雄と付けたの 裸一本で沖縄に帰された 思い出ないよ