落語界は前座・二つ目・真打ちの3段階の階級に分かれているということは以前にも何度か書いたと思う。二つ目は紋付きの着物や羽織が着られるようになり、ようやく一人の噺家ということになる。そして真打ちに昇進して、師匠の元を離れて一人前となる。最初の前座というのは噺家のタマゴ、噺家になるための修業中の身。