兵庫県明石市の泉房穂市長がツイッターに企業の課税データを無許可で投稿した問題で、明石市議会は27日、地方自治法100条に基づく調査特別委員会(百条委員会)を開き、泉市長を証人喚問した。泉市長は投稿について「市民の知る権利のため、企業との協議内容を伝えた方が良いと判断した」と述べた。

 証人喚問に応じる泉房穂明石市長=27日午前、兵庫県明石市

 地方税法では税の徴収の従事者に守秘義務を課しており、投稿が同法に抵触する可能性が指摘されていた。泉市長は「公益性があれば違法ではない。行政の透明化のため投稿したが、指摘を受け政治的には不適切と判断して削除した」と説明した。(共同通信)