沖縄県竹富町発注の海底送水管工事を巡り、入札に関する最低制限価格を業者側に漏らした見返りに現金計1700万円を受け取ったなどとして、官製談合防止法違反、公契約関係競売入札妨害、加重収賄の各罪に問われた前竹富町長の西大舛高旬被告(74)=竹富町=ら3被告の初公判が27日、那覇地裁(小野裕信裁判長)であり、「全てその通りでございます」などといずれも起訴内容を認めた。

(資料写真)那覇地裁

 ほかの2被告は、西大舛被告に現金を渡したなどとして贈賄などの罪に問われている宮古島市の会社役員の男(69)と、竹富町の無職の男(75)。いずれも罪状認否で「その通りです」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると西大舛被告は2017、20年度の町発注工事の各入札前、両被告を介すなどして最低制限価格をJFEエンジニアリング(本社・横浜市)側に教え、それぞれ見返りとして両被告から石垣市内で現金を受け取ったとされる。

 JFE側は社員の男3人が官製談合防止法違反、公契約関係競売入札妨害の各罪で起訴されている。