日本陸連は27日、日本選手権(6月9~12日・大阪市)のエントリー選手を発表し、男子100mにはサニブラウン・ハキームや桐生祥秀、小池祐貴らが名を連ねた。昨年10月に右膝を手術した日本記録保持者の山縣亮太は既に欠場を表明している。小池は2連覇が懸かる200mにも臨む。

 サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀

 7月の世界選手権(米オレゴン州)代表選考会を兼ね、参加標準記録に到達した3位以内の選手は代表に決まる。女子の田中希実は標準記録を突破済みの1500mと5000mに加え、800mにも出場予定。男子3000m障害の三浦龍司や同110m障害の泉谷駿介も参戦。女子5000mに広中璃梨佳が臨む。(共同通信)