ウクライナの戦争が世界に暗い影を落とす後景でもう一つの危機が静かに進行している。中東の大国イランの核問題だ。  バイデン米大統領は昨年来イランとの交渉を加速させた。トランプ前大統領が離脱した「核合意」を蘇生させるためだが、交渉は今も妥結せず、イランの核能力は増大の一途をたどる。