日本の人口は毎年減り続け、このままでは将来的に消滅するかもしれない。人類全体に目を向けても、「太陽の寿命」はあと50億年とされており、私たちの子孫が「絶滅」することは宿命づけられているとも言える。