【東京】政府は27日、2024年度以降に返還が予定される米軍キャンプ瑞慶覧内のロウワー・プラザ住宅地区(約23ヘクタール)について、返還までの間、緑地公園として共同使用するとした日米合同委員会合意について、閣議決定した。

 同地区の共同使用は、岸田文雄首相が15日、沖縄の日本復帰50年記念式典で正式に表明。日米合同委員会は19日に合意していた。

 防衛省によると、23年度中の整備完了と使用開始を目指す。地区内の住宅施設の解体作業も、同年度中に終える方針。

(東京報道部・新垣卓也)