高校野球で甲子園大会出場が懸かる今夏の地方大会に知的障害のある選手が参加する。愛知・豊川特別支援学校3年の林龍之介さん(17)は愛知大会に他校との連合チームの一員として公式戦に出場予定。28日に東京都国立市で行われた練習会に参加した林さんは「いろんな方に協力していただいた。精いっぱい頑張る」と意気込んでいる。

 鹿児島大会で特別支援学校の選手が連合チームとして出場した例はあるが、関係者によると、硬球を扱う危険性などから、特別支援学校で硬式野球ができる環境が全国的には整っていない。(共同通信)