韓国ソウル中心部の警察庁のそばにある交差点で、真夜中に泥酔状態で電動キックボードを運転していた男が摘発された。身元を調べると警察庁所属の警察官だった。韓国メディアが報じた。  法律で義務付けられたヘルメットを着用していなかったため呼び止められ、酒の臭いで飲酒も発覚。