沖縄署は28日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、容疑者の米軍キャンプ・ハンセン所属の海兵隊曹長(45)を現行犯逮捕した。調べに容疑を否認しているという。呼気からは基準値の約5倍のアルコールを検知した。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は28日午前8時25分ごろ、沖縄市中央1丁目の市道で、酒気を帯びた状態で車を運転した疑い。