31日午前6時ごろ、名護市屋部の民家敷地内で飼われていたイノシシが再び逃走した。  家畜のイノシシは体長約100センチ、体高約80センチの雄。30日朝も逃走し、同日午後7時半ごろに飼い主が餌でおりの中へおびき寄せ、確保していた。

前日に続いてまた逃走したイノシシ

 飼い主の女性によると、31日午前6時ごろに昨日逃げたイノシシを屠畜しようとしたところ、暴れて柵を壊し逃げたという。

 現場近くの屋部小学校では、児童や保護者にイノシシに注意するようメールで呼びかけている。登校時間は名護署のパトカーが学校周辺を巡り警戒した。

 署は「イノシシを見かけたら絶対に近づかずに、署に連絡をお願いします」と呼びかけている。