沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】「目に見える負担軽減」ほど遠く 政府は訓練止める責任あり

2017年5月11日 13:13有料

 地元や県の反対を押し切って嘉手納基地で夜間のパラシュート降下訓練を実施した米軍の姿勢は、よき隣人を標榜(ひょうぼう)しながら、軍事運用を最優先させる軍の本質を示した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間