沖縄タイムス+プラス プレミアム

「事故が起きてからでは遅い」 周辺首長・議員ら訓練強行に憤り

2017年5月11日 12:37有料

 【中部】米軍嘉手納基地で10日夜に強行されたパラシュート降下訓練。基地周辺自治体や議会から日米合意に違反するとの激しい反発を招いた前回訓練から16日後。まるで顧みられぬばかりか、米軍は危険性が高い夜間訓練にまで踏みきった。事前通告も直前で、米軍の強行ぶりが際立った。 「民家の真上だ」「落ちないか」。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ