大雨警報(土砂災害・浸水害)が出されている国頭村安波の村道では3日午後1時45分ごろ、村の職員が2カ所の土砂崩れと約2メートルの路面の亀裂を確認した。土砂崩れは1日から続く大雨で発生したとみられる。うち1カ所では、幅2メートルほどの村道がふさがれていた。

大雨で崩れた土砂にふさがれた国頭村安波の村道=3日午後0時15分

大雨の影響で傾いた護岸=3日午前9時20分、大宜味村喜如嘉

大雨で崩れた土砂にふさがれた国頭村安波の村道=3日午後0時15分 大雨の影響で傾いた護岸=3日午前9時20分、大宜味村喜如嘉

 村道は川に面していて、3年ほど前から車を通行止めにし、区民の遊歩道として使われている。通りかかった区在住の79歳の女性は、「子どもたちも通る道。石が落ちてきたり、木が倒れたりするとこわい」と表情を曇らせて引き返した。

 大宜味村喜如嘉の河川改修工事現場でも、1日の大雨で約30メートルにわたって護岸が傾いた。2、3日と工事関係者が崩れないよう応急処置に当たった。