政府は、自衛隊が運用するミサイルや弾薬の取得を加速し、備蓄を拡充する方向で検討に入った。ロシア軍の侵攻に耐え続けるウクライナの現状も踏まえ、戦闘継続能力の向上は不可欠だと判断。岸田文雄首相が5月の日米首脳会談で表明した防衛費の「相当な増額」方針に基づき、年末に策定する中期防衛力整備計画(中期防)への反映や、2023年度予算案での関連経費増額を調整する。政府関係者が4日、明らかにした。

 弾薬の備蓄拡充は、中国の軍備増強や緊迫化...