平和通りなど中心商店街関係者と那覇市、那覇署が5月25日、「せんべろ」など飲み屋の急増に伴う深夜帯の騒音や治安悪化を受けて意見交換会を開いた。各通り会や周辺住民からは騒音のほか、トイレ未整備による立ち小便、酔客の嘔吐(おうと)の汚臭といった苦情が相次いだ。対応を求められた市側は「条例を含め全国の対策事例を調べている」と応じた。(社会部・城間陽介)

騒音や治安対策などを巡って意見を交わした商店街関係者と市や那覇署職員ら=5月25日、那覇市内

 意見交換の前には平和通り、パラソル通り、サンライズなは商店街を実際に歩きながら、ごみの投棄など課題の多い路地裏を各通り会の案内で確認した。

 平和通り商店街振興組合理事の矢野弘子さんは「店舗前で若い3人組の取っ組み合いのけんかが始まって商売の邪魔になった」と治安悪化を憂えた。

 路地裏には酔客による嘔吐物が放置されるといい、通り裏手に事務所を構える「みき屋」の大城伸也さんは「朝から掃除をさせられている」と憤った。

 サンライズなは商店街では昼間から営業するせんべろ酒場が進出。登下校する子どもたちに酔客が声かけし、子どもたちが不快に感じているという。

 学校側が通学路として商店街を避けるよう通達しているといい、市中心商店街連合会の上原正敏会長は「子どもたちに商店街を通ってはいけないという、こんなまちづくりをしてはいけない」と訴えた。

 参加した交番所長ら那覇署員は「110番通報があって駆け付ける警察官は対症療法にしかならない。市や商店街がルールをつくって規制をかけてほしい」と述べ、市環境部の担当者は「全国の中核都市の商店街対策を調べている」などと回答した。