沖縄県警那覇署は5月24日、体調が悪そうな高齢者の女性に声をかけて、家族に連絡したとして県立浦添商業高校1年の平良逸仁さん(15)に感謝状を手渡した。

那覇署の新垣茂樹生活安全官(右)から感謝状を手渡された県立浦添商業高校1年の平良逸仁さん=5月24日、那覇署新都心北交番(同署提供)

 署によると、4月25日午後3時半ごろ、女性の家族から女性が行方不明になったと通報があり、署が捜索していた。

 平良さんが学校から帰る途中、那覇市内のバス停の手すりにもたれかかっていた女性を発見。体調が悪そうだったので声かけをした。また、数十件の家族からの着信履歴に気づき連絡。その後、交番まで女性を連れて行き家族につないだ。

 平良さんは「困っている高齢者に声をかけただけで特別なことはしていない。携帯電話もずっと鳴っていたので家族が探しているかもしれないと思った」と振り返った。

 署の新垣茂樹生活安全官は「観察力がなければ早期に行方不明の女性を発見できなかった」と感謝した。(社会部・比嘉太一)