【東京】在日米国大使館・在沖米国総領事館は今年、沖縄の高校生を対象とした2年間の英語学習奨学金プログラムを設立する。同大使館による奨学金事業は初めて。

(資料写真)米国旗

 2年間で約25~40人を対象に奨学金を提供する予定。県内で対面やオンラインを通じた英語学習を実施することを検討している。

 米国のラーム・エマニュエル駐日大使が5月15日、沖縄復帰50年記念式典のあいさつで、同事業の設立を明らかにしていた。