9月11日投開票の沖縄県宜野湾市長選で、現職の松川正則氏(68)は8日、2期目を目指し立候補する考えを正式表明した。同市内での会見で「市民の皆さまが『宜野湾が一番。住んで良かった』と思える宜野湾市づくりに向けてしっかり取り組みたい」と抱負を述べた。

2期目への出馬を表明する松川正則氏(前列中央)=8日、宜野湾市大謝名

 松川氏は、米軍普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還とそれまでの目に見える形での負担軽減に引き続き意欲を示した。同飛行場の名護市辺野古移設は「容認せざるを得ない」との立場を改めて示し、市民にとっては辺野古以外に解決の選択肢がなく、埋め立て工事が実際に進んでいる現状を理由に挙げた。

 具体的な政策は後日発表する。1期目と同様、自民、公明の推薦を得られる内容で調整する。

 会見には、9月11日投開票の知事選の自民候補で前宜野湾市長の佐喜真淳氏(57)も同席した。

 松川 正則氏(まつがわ・まさのり)1953年9月20日生まれ。市野嵩出身。琉球大学短期大学部法経学科卒。73年に宜野湾市役所採用、議会事務局長などを歴任。2012年3月から副市長を務め、18年9月の市長選で初当選した。

(中部報道部・平島夏実)